こだわりの家を建てるには|鉄骨製もなんのその|太陽住宅なら良い家建てられる

鉄骨製もなんのその|太陽住宅なら良い家建てられる

こだわりの家を建てるには

一軒家

寺社専門の職人に頼む

知人が一戸建てを建てたのでお祝いがてら見学に行ったことがあります。和モダンな住宅で日本家屋に洋風のデザインをミックスしたような形です。玄関に入った途端、新しい木材の良い香りが漂ってきます。知人によるとその家は桐や檜、ヒバなど高級木材をふんだんに使っているそうです。驚いたのはその家が宮大工によって建てられたことです。宮大工は寺社専門の大工だと思っていたのですが、最近は個人の注文住宅の依頼を受けることも多いということでした。知人が依頼した宮大工の工務店は、設計事務所と提携してデザイン的にも新しい家づくりをしているのだそうです。宮大工の家はこだわりの住宅で工期も長く費用も高いと考えがちです。しかしその工務店では在来工法という一般的な工法も取り入れて建築してるそうです。

通常の家より長持ち

また桐や檜など高級建材も全体に使うのではなく要所ごとに使い分けることで費用を抑えることもできるそうです。知人の一戸建ては今の住宅には珍しい欄間も付いています。欄間は天井と鴨居の間にあり、採光や空気の入れ替えのためにつくられます。障子や格子などを取り付ける場合もありますが、知人の家は見事な透かし彫りになっています。依頼した宮大工は知人の様々な注文にできる限り答えてくれたそうです。住宅を建てる上で相談しやすい工務店というのは大切なポイントです。難しい注文にも可能な限り解決法を見つけてくれたのだとか。宮大工に依頼した家は通常の住宅よりも長持ちするするそうです。友人の家のどっしりとした構えの家を見学してそれが納得できました。